仕事内容

保育士・栄養士の仕事内容、1日の流れをご紹介します。

仕事

保育士の仕事について

保育士は、子どもの大切な命を預かり、子どもの健やかな成長を支援する、とても意義のある仕事です。
安心・安全な環境づくりと、年齢に応じた適切な教育を行うことが求められます。

保育時間以外にも、作業や会議、行事の時期にはそれに向けた準備や対応など、保育士の仕事は体力を要し、時には残業が発生することもあります。しかし、業務負担軽減のためのICT化や、毎年月額給与を改善するなど国や行政の施策もあり、全国的に保育士数や処遇も改善されてきています。

仕事内容は、働く施設の分類や施設の方針によってさまざまですが、大別すると以下の4つです。

  • 身の回りのお世話
  • 生活習慣を身に付けさせること
  • 年齢に合わせた成長サポート
  • 保護者への連絡・相談

さまざまな遊びや集団生活を通して、子どもたちは情緒豊かに成長し、また人間関係を学びます。子どもから必要とされ、子どもの成長を感じたり、保護者との信頼関係が築けたり、多くのやりがいを感じることができます。

栄養士の仕事について

保育所や認定こども園において、子どもの育ちを保証するうえで、給食や食育は、保育・教育と共に需要で大切な部分です。その中で、栄養士は、子どもたちに安心・安全でおいしい食の提供をする大きな役割を担っている素晴らしい仕事です。

保育園の栄養士は、勤務時間がある程度一定(8時前後から17時前後まで)で、残業が比較的少なく働きやすい部分もあります。 仕事の内容は大別して2つです。

  • 調理作業
    調理員と協力して、野菜の切込みや食材の下処理、調理、盛り付けを行います。他にも、離乳食やおやつも作ります
  • 事務作業
    主に午後のおやつの時間後など(園によって対応が違います)で、調理献立の作成、発注、書類の管理、給食便りなどを行います。

その他、食育の活動についても専門性を発揮することが多いです。子どもたちに食材についての話をしたり、調理の体験の指導をしたり等、食の体験を通して、子どもたちに食に対する理解や食事の楽しさや重要性について深める活動を行います。

園児が給食や手作りおやつを楽しみにしたり、保護者が園の給食に感謝したり、レシピを参考に自宅で園の献立に挑戦したりすることが、栄養士の大きなやりがいにもつながっています。

一般的な園の一日

7:00~9:00

職員出勤

園の開園時間が、11時間程度なので、早く出勤する人と遅く出勤する人がいます。

7:00

園児登園

8:00

自由遊び

栄養士 登園した園児の確認、献立、アレルギーの確認、食材の納品確認、調理員との打ち合わせ

10:00

10時のおやつ

栄養士  おやつの提供と片付け、給食の準備

10:00

カリキュラムに沿った保育・教育

11:30

お昼ごはん

栄養士 検食、給食の提供

12:15

お昼寝の準備

12:30

お昼寝

保育士 記録物の記入、午睡の確認、休憩

栄養士 給食の片づけ、食器の洗浄、昼食、休憩

15:00

おやつ・片づけ

栄養士  おやつの提供と片付け、事務作業

16:30

自由遊び

栄養士  給食室の清掃、事務作業(献立の考案等)

17:00

お迎え

栄養士  保育士や調理員との打ち合わせ、必要に応じて夕食の準備

18:00

延長保育

16:00~18:00

職員退勤

  • 生活のリズムを大切にし、園児の年齢に応じて、活動の流れを調整します。
  • 一日の流れは、それぞれ園によって違いますので、各園に問い合わせてください。

園児に対する職員配置

0歳児は3人に1人、1~2歳児は6人に1人、3歳児は15~20人に1人、4~5歳児30人に1人の国家資格を有した保育士(保育教諭)を配置しなければなりません。

先輩インタビュー

鹿児島の保育所・認定こども園で働く保育士や栄養士の先輩の皆さんに、保育士・栄養士を目指したきっかけや、仕事のやりがい、今の職場環境や今後の目標について聞きました。これから保育士・栄養士を目指す皆さんはぜひ参考にしてみてください。

本房龍弥

1年目

カテゴリー
保育教諭

保育教諭を目指した理由

私が中学生の時、職場体験で近くの保育園に行きました。そこで、毎日子どもたちと一緒に遊び、成長を喜ぶ先生の姿を見て、私も保育士になりたいと思いました。また、実習を通して、子どもたちと関わっている際に、先生たちの凄さを間近で見たり、行事などでは子どもたちと一緒に保育者も成長しているという話を聞いて、より保育士になりたいという思いが強くなりました。

やりがいを感じること

子どもたちとの関わり方や、言葉掛けの仕方で毎日失敗することがあります。ですが、子どもたちが「先生大好き!」と言ってくれたり、「一緒にあそぼ!」と言ってくれることが、私のやりがいとなっています。また、以前出来なかったことが、練習してできるようになったり、保護者と一緒に成長を喜べることに保育士としてのやりがいを感じています。

職場環境について

同期の中で男性保育士は1人ですが、先輩方に男性保育士がいるので、分からないことを共有しあったり、休憩時間に何気ない会話を通してリフレッシュできています。

また、職場の先輩方にはそれぞれの保育方法があり、異年齢保育などで子どもたちとの関わり方を直接見て学ぶことができるので、日々実践できる環境で働いています。

今後の目標や夢

私の目標は、たくさんの事を吸収し、吸収した事を日々実践していく事です。

なぜなら、保育は常に反省と実践の連続です。反省と実践を行なっていく事で、保育士力が向上し、子どもたちに対してより良い関わりができると思うからです。

現在、就職して5ヶ月が経過しました。5ヶ月間で周りの先輩方の凄さを実感しています。言葉掛けひとつでも、それぞれ子どもたちの個性に合わせて変えていたり、子どもたちが安全に楽しんで遊べる環境を作ったりと、日々凄さを実感し、私も実践しながら学んでいるところです。私の夢は、周りの先輩方に少しでも近づけるように、より子どもたちの事を一番に考えながら、働ける保育士なっていくことです。

これから保育教諭を目指す人へメッセージ

実習などで失敗し、落ち込む時もあると思います。私もたくさん実習で失敗し、保育士に向いていないのではないのかなと思った時期もありました。ですが、今では実習で失敗して学んだことが、保育士になった時に生きる場面が沢山あります。なので、失敗するのが当たり前という気持ちでたくさん失敗して、より良い保育士になっていってください。

黒木美菜

2年目

カテゴリー
保育教諭

保育教諭を目指した理由

私の周りには、いとこや年下の子がたくさんいて、昔から小さい子どもと遊ぶことがとても好きでした。そのうちに「もっと子どものことについて学んでみたい」、「保育についてじっくり学んでみたい」と思い、保育の大学に進学しました。そして、幼稚園実習の設定保育をさせていただいた際に、子どもたちで教え合う姿を見て、子どもの成長を肌で感じ、もっと近くで見てみたいと思ったことが、保育教諭を目指したきっかけです。

やりがいを感じること

保育教諭になって良かったと思うことは、間近で子どもの成長を感じられることです。例えば、ハイハイをしていた子が、立って一歩踏み出す瞬間を見られることにとても感動し、保護者の方とも一緒になって喜びを感じることができます。

やりがいを感じることは、うまく言葉にできず悶々としている子どもの気持ちを理解し、言葉で伝えてあげられて、子どものすっきりとした表情が見れた時です。また、困っている子どもに対し、絵カード等を使い、その子にあった理解しやすい方法を見つけ出すことができた時が何よりもうれしいです。

職場環境について

私の職場は、悩んでいるときにはすぐに相談できる環境です。先輩方や同僚に話をすると、とても親身になって一緒に考えてくれたり、的確なアドバイスをしてもらえます。

園全体の環境が区切られているのではなく、オープンスペースになっているので、先輩方や、同僚の保育している姿を知ることができ、それを見て学ぶ機会が多くあります。自分自身とても成長できる環境にあると実感しています。

今後の目標や夢

子どもの「楽しい」を、子どもたちから引き出せる保育教諭になりたいです。また、自分自身伝えることにまだ苦手意識を持っているため、子どもたちに簡単で分かりやすい言葉で伝えられる保育者になりたいと思っています。

これから保育教諭を目指す人へメッセージ

いろいろ悩んだり、考えたりと、大変なことも多々あります。しかし、一番は、子どもの成長を感じることができ、たくさんの喜びを子どもたちからプレゼントしてもらえるとても素敵な職業だと思っています。実習等大変だと思いますが、乗り越えたその先には明るい未来が待っていると思います。

田原未知

3年目

カテゴリー
栄養士

栄養士を目指した理由

私は食べることが大好きで、幼いころから母と一緒に料理をし、ご飯をつくることの楽しさも感じていました。将来、食に関する仕事に就きたいと思い栄養士という仕事を見つけました。

やりがいを感じること

給食を作って子どもたちに『おいしい』と言ってもらったり、苦手なものを食べる姿を見れたりした時、とてもうれしくやりがいを感じます。

職場環境について

職員の皆さんはとても明るく、分からないことがあるとやさしく教えてくださいます。給食室の雰囲気もとてもよく、チームワークが抜群です。

今後の目標や夢

献立などを工夫して、子どもたちが、いろいろな食材を食べられるようになって、元気に成長していく姿を見ていきたいです。

これから栄養士を目指す人へメッセージ

私は、就職するまで子どもと接する機会が少なく、初めは不安でしたが、働き始めると子どもたちはたくさん話しかけてくれました。栄養士としても、少しずつ食べられるものが増えたりする子どもの成長を見れることがとても楽しいですよ。

上野麻梨

4年目

カテゴリー
保育教諭

保育教諭を目指した理由

保育士である母の姿を見て楽しそうだ感じ、学生の時に母の職場で手伝いをさせてもらったことや、実習を通して、保育士になりたいという気持ちが高まりました。

やりがいを感じること

園での保育で、子どもたちの成長を見ることができ、保護者の方からもできるようになったことや『おうちでも○○してますよ』いう話を聞くことができるとうれしいです。さらに、子どもたちにできることはないかを考え、実践することは難しいですが、子どもたちや保護者の方に喜んで頂けると、とてもやりがいを感じます。

職場環境について

社会人として初めても職場ですが、職員の皆さんがやさしくフォローしてくださったり、笑顔の絶えない温かい職場で、とても働きやすいと感じます。

今後の目標や夢

『楽しい』『おもしろい』を子どもたちに感じてもらいたいので、園生活を通して伝えられるようになりたいです。また、様々な年齢の子どもたちと多くふれあい、発達についてもまだまだ学びながら関わっていきたいです。

これから保育教諭を目指す人へメッセージ

保育は、「子どもが安全に過ごすためには」「楽しく過ごすためには」と考えることは日々絶えませんが、それを通して子どもが楽しんでいる姿、笑顔を見ることができるので、毎日元気をもらえ、私自身のやる気につながります。子どもたちの見本である『先生』として、一緒に頑張りましょう。

山下奈菜

5年目

カテゴリー
保育士

保育士を目指した理由

子どもが好きで、0〜6歳の子どもたちと関わることができるので保育園で働きたいと思ったからです。

やりがいを感じること

子どもたちの成長を近くで見ることが出来ることや、新年度泣いてばかりだった子が少しずつ慣れ、笑顔で登園する姿が見れたことです。また、運動会や発表会などの大きな行事を通して、お兄ちゃん、お姉ちゃんになる姿を見れたことにも、やりがいを感じました。

職場環境について

先輩の保育士さんの子どもへの関わり方、声かけの仕方など日々勉強させてもらっています!また、職員同士の仲が良く、分からないことやプライベートのことなど、話しやすいです!鹿児島本土から離島(徳之島)の施設に就職しましたが、ダイビングやクルージング、徳之島のことも色々教えてもらっています!

今後の目標や夢

子ども一人一人にあった声掛け、援助を行い、子どもの気持ちに寄り添える保育を心がけていきたいと思います。

これから保育士を目指す人へメッセージ

子どもの成長を近くで見ることができる保育士!大変なこともありますが、それ以上に楽しいこと、やりがいを感じることが多いです!夢に向かって頑張ってください!

二木玲奈

5年目

カテゴリー
保育教諭

保育教諭を目指した理由

子どもが好きだったことと、年の離れた弟妹がいて、幼い子どもと関わる機会が多かったので自然と保育士を目指すようになりました。

やりがいを感じること

子どもたちの幸せそうな表情や「先生大好き」と言ってくれる時に、保育士で良かったと思います。大切な命を預かっているので、責任の重さを感じますが、毎日見せてくれる笑顔や、遊びを通して成長が見られることにやりがいを感じています。

職場環境について

子どもへの接し方を見習いたい先輩が多く、日々学んでいます。保育、給食の担当者で子どもたちの主体性を大切にしていくために、何を大切にしていくのかをこまめに話し合い、共通した対応ができるようにしています。私たち保育者も自分のやってみたいことに挑戦することができる、素敵な環境で働かせてもらっているなと思います。

今後の目標や夢

目標は、子ども一人ひとりに寄り添い、安心して過ごせる環境を作ることです。そのために、私自身も子どもたちと一緒に遊びを楽しみ、感動する経験を増やしていきたいと思います。 

これから保育教諭を目指す人へメッセージ

保育士は、心身の成長が著しい時期の子どもたちと一緒に過ごし、成長を喜び合える素敵な仕事だと思います。大変なこともありますが、それ以上に子どもたちから学び、私自身の成長にもつながっていると感じています。子どもたちを応援し、成長を喜び合える仲間がたくさん増えたら嬉しいです。保育士目指して頑張って下さい。

沖田美帆

7年目

カテゴリー
保育士

保育士を目指した理由

子どもの頃から自分より小さい子のお世話をしたり、一緒に遊んだりすることが大好きで、小学校の頃からずっと保育士になりたいと思っており、保育士になる!の一択でした。

やりがいを感じること

体力勝負の仕事ですし、日々の保育でうまくいかないこともあり、落ち込んだりすることもありますが、子どもたちの成長が目に見えて分かるのでとても感動し携われて良かったなと思います。子どもの成長はあっという間で昨日できなかったことが次の日に突然できるようになったりとその姿を近くで見たり感じたりすることができるのでとても幸せな職業だなと思います。毎日子どもたちからたくさんのパワーをもらっています。

職場環境について

同僚はおりませんが、先輩方と一緒に楽しくお仕事をさせていただいています。園長先生をはじめ、とても優しい先輩方で驚くほど仲が良いです。冗談を言って笑ったり、困っている時はすぐに助けてくれたり、新卒から働かせていただいておりますが優しくご指導下さり大切に育てて下さってこの職場でお仕事できて幸せだなと感じます。

今後の目標や夢

子ども一人ひとりにしっかりと寄り添い、丁寧な保育を行える保育士になりたいです。職場の先輩方が私の理想の保育士なので一緒にお仕事しながら日々学び続けていきたいです。

これから保育士を目指す人へメッセージ

保育士になりたいと思った理由や、自分が頑張ってきたことを大切に自信をもって目の前のことを一生懸命頑張ってください。素敵な保育士になりますように。私も一生懸命がんばります!

勇元貴光

8年目

カテゴリー
副園長保育士

保育士を目指した理由

昔から子どもが好きで、将来子どもに携わる仕事に就きたいと思ったからです。

やりがいを感じること

日々こども達と関わる中で一人一人の成長を見る事ができ、昨日出来なかったことが今日出来るようになったなど、たくさんの喜びを感じるたびに嬉しく思います。また卒園して大きくなった子たちが、「先生」と呼んで会いに来てくれて、その時の思い出話ができた時、保育士をやっていてよかったなと思います。

保育士は、子ども達の人格形成の大事な時期に関わるため、責任と誇りを持って仕事ができます。子ども達が今後どのように成長していくか楽しみで、そこにやりがいを感じています。

職場環境について

先生方一人一人に良さがあり、自分にない感性を持っていて、日々学ぶことが多くあり、自分自身も成長することができています。一人で抱え込むのではなく助け合いながら子ども達と関わることが出来る環境にあると思います。

今後の目標や夢

男性保育士ならではの感性や得意を生かして、先輩や同僚と切磋琢磨しながら、私もこれから大きく羽ばたいていけるように日々学び、成長していきたいと思います。

これから保育士を目指す人へメッセージ

保育士というとやはりまだ女性が多い職場ですが、近年は男性保育士も増えてきて、男性ならではの感性に基づく保育ができたり、職場で頼られる場所があったりと、男性保育士だからこそ輝けるところがたくさんあると思います。自分の感性も大事にし、色々な人と関わりながら、自分の夢に向かって頑張っていって欲しいと思います。

就職活動のポイント

認可保育所・認定こども園とは

認可保育所は厚生労働省に、認定こども園は内閣府に、それぞれ定められた基準を満たし、国から認可されている施設のことです。保育される人数に対して、保育士の人数や、施設の面積(広さ)、設備などが法律によって決められています。

認可保育所は、0歳~小学校入学前の未就学児を対象に保育する施設で、保護者が就労等で保育が必要な子どもを保育する児童福祉施設をいいます。認可保育所には、市区町村が経営主体となる「公立保育所」、社会福祉法人などが経営主体となる「私立保育所」があります。また、保育所(原則20人以上)より少人数の単位で、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細やかな地域型保育を行う「小規模保育事業所」もあります。

認定こども園は、0歳~小学校入学前の未就学児を対象に、幼稚園と保育園の機能や特徴を一体化した施設です。保護者が就労していない場合も、子どもを預けることができ、地域の子育て支援について幅広く対応しています。幼稚園と保育所の機能や特長を併せ持つ幼保連携型や、認可保育所が幼稚園的な機能を備える保育所型認定こども園があります。

採用までの流れ

施設を選ぶ

  • 保育実習の経験を活かす

  • 園に連絡を取り、積極的に施設見学をしてみる

  • 学校(養成校)の担当課に相談する

  • ハローワークや鹿児島県保育連合会に相談する

  • 候補園の勤務条件について確認する

応募する前に、施設見学をする。

自分の合う施設かどうかを確かめましょう。

給与、交通の利便性、福利厚生や待遇、保育・教育方針、保育施設の種類、園の職場環境や雰囲気などを確認すると良いです。

STEP
1

希望園に連絡する・応募する

  • 希望園の求人票を確認する(学校やハローワークで)
  • 学生は学校または希望園に、一般の方はハローワーク又は希望園に書類提出する
    ※書類(履歴書・卒業(見込み)証明書・資格(見込み)証等) 
STEP
2

面接・実技等を受ける

  • 集合時間や場所を確認する
  • 明るく自分の言葉で受け答える
  • 働きたい思いをしっかり伝える
STEP
3

内定をもらう

STEP
4

就職

STEP
5

慌てて施設を選ぶのではなく、余裕を持って活動しましょう。
時間に余裕があるうちに、情報収集すると、いくつかの選択肢ができ、自分の長所や目標に合う施設をじっくり選ぶことができます。

保育士の復職について

保育士資格を持ちながら、現在は保育士として働いていない潜在保育士の方は、全国に約80万人いると言われています。給与面の不満や、家庭や子育てと仕事の両立、体力面・精神面の負担などの不安から、復職を断念する方も多いようです。

しかし、パートや派遣保育士など、勤務時間や仕事量を調節できる働き方もあります。経験により、基本給が加算されることもあります。ぜひ求人募集中の施設に相談してみてください。県では、保育士の復職を応援する研修会も実施しています(以下リンク参照)。

潜在保育士の皆さんが自分らしい働き方を見つけて安心して復職することができ、これまでの経験や知恵を生かして、再び保育の現場で活躍されることを願っております!

行政等の支援について

県や市では、保育士を目指す皆さんをサポートするさまざまな支援を行っています(以下リンク参照)。

保育所・子ども園検索